【夢小説のため注意事項】 このサイトではTVXQ ユノ・チャンミンをイメージしたお話です。 もちろん全部妄想であり現実とは一切関係ございません。 ユノと恋に落ちつつチャンミンにも誘惑されるお話です。 最終的には夢じゃない方向へ行くかもしれないのですが ここで書く分には幸せな結末にできたらいいなと思います。 下記「名前入力部分」にお好きなお名前を入れて、読んでみてください! ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。

2014年09月05日

Destiny 304

抱きしめる。この腕の中に、名前がいる。
それだけで、強くなれる気がした。できることなら、二度と離したくない。
このまま、帰したく、ない。

シャツがわずかに湿る。名前は、泣いていた。
声を上げないように、それでも、頼りない肩を震わせて。
「・・・ごめん」
首を横に振る、名前に。
それ以上、何が言えるだろう?
泣かないで。思いを込めて、もっと強く抱きしめる。胸に感じる体温に、幸せを自覚する。

涙を収めながら、名前は、俺を見上げて。
会いた、かった・・・です。言うなりまた、涙があふれて。
たまらず口付けようとすると、体が少し、強張るから。
ああ・・・そうだ、ごめん。君はもう。
俺のものじゃ、ないのに。

俺も、会いたかった。もう一度、抱きしめる。
友達でも許される程度の、力の強さで。
その目を見て、しまったら。
ブレーキが効かなくなりそうだ。これ以上、名前を傷つけたくない。
少し、話そうか。平静を装って、体を離す。
・・・はい。落ち着いた、穏やかな甘い、声。

小さなテーブルを挟んで、向かい合わせに座る。
もう、会えないかと思ってた。正直に言うと。
私、も。震える声と、その唇と。
恥ずかしそうに、はにかみながら俺を見る、その瞳。
さっき抱いた体。その、女の曲線を、もう一度感じたくて。

でも、言い出せない。こんなに、そばにいるのに。
近くて、遠い。愛して、いるのに。

posted by mizuki at 23:22| Comment(1) | Destiny | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月12日

Destiny 305

■Side-A:名前

テーブル越しに、見つめあうだけでも、まだ。
信じられなくて。
本当は、抱きしめられていたい。ずっと、そばにいたい。
・・・でも、そんなことをしてしまったら。
抑えきれる自信がなかった。きっと、今夜だけ。この短い時間だけしか。
一緒にいられないのに。それ以上を求めてしまったら、今よりもっと苦しくなる。

仕事は、している? お友達は、元気? そんな、ふうに。
当たり障りのない話だけを囁く、唇。その甘い声。
今は、していません。友達は、元気です。教科書みたいな回答しか、できなくて。
あ、何か、飲む? この空気が、苦しくて。
席を立ったのだと、思う。・・・何も。それだけ、言うと。
・・・そっか。かすかに微笑む、その顔がとても・・・いとおしい。

「聞いても、いいかな」
急に表情を強張らせて、私を見つめる。
何を言いたいのだろう? ドキドキしながら、頷くと。
ユノさんは、自分の襟元に手を入れて、ネックレスを引っ張り出す。
「同じ、かな。・・・俺のと」
また、泣きそうになりながら。
ユノさんと同じように、ネックレスを、引っ張り出す。
おそろいの、ロザリオ。あなたが、つけてくれた。
私のお守り。

こらえきれずに涙を、流すと。
「泣かないで」
ユノさんの声は、少し、涙ぐんでいる。
「泣かれたら、どうしていいかわからない。
 帰せなく、なっちゃうよ。・・・いいの?」
ダメだと、わかっているのに。
どうしても涙が、止まらなくて。
「帰り、ます」
席を立って、急いでドアへ向かう。その大きな胸に、後ろから抱きすくめられて。
動けない。私を抱きしめる腕に、腕を重ねて。
指を、絡ませあう。泣き続ける私を、ゆっくりと振り向かせて。

額に、口付ける。その唇で、私の涙を受け止める。
私を見つめて、笑って。
「ダメだ、やっぱり。・・・帰せないよ」
触れるだけの、優しい口付けのあと。
少しこわばった顔を、して。

「帰さない」


posted by mizuki at 15:55| Comment(1) | Destiny | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月13日

やっべー緊張するー

なんだろうこの照れくささ・・・w

BLならもう架空のものとして書けるんですけども、
やはりノーマルとなるとこういう展開は緊張しますね・・・。

ぐっは・・・!
妄想するだけで鼻血でそう・・・(←早く書けw)

だってもうユノさんがあんなことやこんなことw

私の視界に入る限りで
70人のユノさんがいるわけですよ(ポスターやら写真やらなんやらでw)
そんなユノさんのことを通常に妄想するわけでしょ。
あああもおおお・・・(頓死)

天気がいいので出かけてきます・・・! 多分・・・。



posted by mizuki at 09:54| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

Destiny 306

■Side-B:ユノ

言葉に、出してしまったら。
自分の望みを、欲望をはっきりと認識することができた。

俺は、名前を、もう一度取り戻したい。
俺だけのものに、したい。

華奢な体をきつく抱きしめて、舌を絡ませる。
ずっと忘れてた。忘れようと、してた。もう二度と、会えないならと。
会うことがあったとしても、戻れないなら。
いっそ、この記憶さえ、消えてしまえばいいと。・・・でも。

きっと、記憶をなくしても、俺は。
名前、お前に恋をする。

キスの合間の吐息が、艶かしい。柔らかく溶けた体を、抱きしめて。
ベッドに押し倒す。抑えようとしても、抑えられない。
ボタンを外していく、俺の手を、軽く握って。
躊躇の表情を、見せる。

甘く潤んだ瞳は、その躊躇さえ扇情的で。
「・・・いや?」
見つめたまま、問えば。
どっちつかずな唇。

今すぐにでも、俺の体でお前を、その中を感じたいのに。
感じさせたいのに。
・・・無理強いをするつもりも、なくて。

俺の体が、体でそのふくらみを感じるように。
俺が今どうなっているか、わかってるはず。・・・それでも。
「いやなら・・・やめ、る」
嫌われたく、ない。せっかく、会いにきてくれたのに。
一時の感情で、突っ走るような、真似は。

うつろう目は、もう一度俺をとらえて。
俺の手を、その胸のふくらみへと導いていく。
「私、あなたに・・・愛される資格は、ありますか?」
涙がひとすじ、目の際から伝っていく。
「どうしてそんな・・・」
「あなた、以外の・・・人と」
「言わなくていい。・・・言わなくていい、から」
愛してる。体で確かめ合うことを、しなければ。
人はもっと簡単に割り切ることができるのかもしれない。
それでも、愛すればこそ、抱きたいと思う。すべてを、手に入れたいと願う。

慈しむように、互いの肌に口づけを重ねながら。
服を、脱がせあう。
すべてを脱ぎ捨てて、もう一度、深く口付けて。

痛いほど熱い体を、押し留めて。
その体に少しずつ、俺との夜を刻んでく。

posted by mizuki at 10:24| Comment(1) | Destiny | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

Destiny 307

体で繋ぎとめるようなことを、するつもりは一切ないけれど。
久しぶりに抱く体に、溺れた。

身にまとっていたものをすべて剥ぎ取って、その白い体を、目にした瞬間。
俺の理性は、弾け飛んだ。

できる限り、優しくと思っても。
わずかな彼女の震えに、甘い吐息に。
狂っていく。

力をこめて掴めば、赤く痕のつく繊細な肌を。
俺以外に知る男が、いるなんて。

なぜ俺以外に、体を開いた? 俺を忘れているなら。
思い出させてやる。痛いと、小さくつぶやかれるまで。
我を忘れて、体中に吸い付いて、その肉を弄んで。
・・・ごめん。潤む瞳で俺をとらえてかすかに首を振る。
お前のせいじゃない。わかってはいても。
この感じやすい体はきっと、あいつの愛撫でさえ。
濡れたのだろうと。

控えめに閉じられた腿に、指を割り入れて。
雨音のような湿り気を確かめる。
後腐れなく抱ける女はいた。それでも、お前以外を抱くくらいなら。
何もしないほうがいい。なければないで、自分で慰めればすむことだ。

今、こうして。夢にまで見た女が、いる。俺の下で。
俺の猛りを受け入れる甘い、体が。
名前名前。繰り返しその名をつぶやく。
ユノ、好き。苦しい息をしながら、同じように、俺の名を呼ぶ。
俺以外を、何度ここで感じたんだ。かき抱いて、舌を絡めながら。
腰を動かす。軋みと、肉を打つ音、体液の混ざり合う生々しい音。
何より、お互いの荒い息。お前を、何一つ。その目線、呼吸でさえも。

誰にも渡したく、ない。

posted by mizuki at 14:55| Comment(0) | Destiny | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。