【夢小説のため注意事項】 このサイトではTVXQ ユノ・チャンミンをイメージしたお話です。 もちろん全部妄想であり現実とは一切関係ございません。 ユノと恋に落ちつつチャンミンにも誘惑されるお話です。 最終的には夢じゃない方向へ行くかもしれないのですが ここで書く分には幸せな結末にできたらいいなと思います。 下記「名前入力部分」にお好きなお名前を入れて、読んでみてください! ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。

2014年09月12日

Destiny 305

■Side-A:名前

テーブル越しに、見つめあうだけでも、まだ。
信じられなくて。
本当は、抱きしめられていたい。ずっと、そばにいたい。
・・・でも、そんなことをしてしまったら。
抑えきれる自信がなかった。きっと、今夜だけ。この短い時間だけしか。
一緒にいられないのに。それ以上を求めてしまったら、今よりもっと苦しくなる。

仕事は、している? お友達は、元気? そんな、ふうに。
当たり障りのない話だけを囁く、唇。その甘い声。
今は、していません。友達は、元気です。教科書みたいな回答しか、できなくて。
あ、何か、飲む? この空気が、苦しくて。
席を立ったのだと、思う。・・・何も。それだけ、言うと。
・・・そっか。かすかに微笑む、その顔がとても・・・いとおしい。

「聞いても、いいかな」
急に表情を強張らせて、私を見つめる。
何を言いたいのだろう? ドキドキしながら、頷くと。
ユノさんは、自分の襟元に手を入れて、ネックレスを引っ張り出す。
「同じ、かな。・・・俺のと」
また、泣きそうになりながら。
ユノさんと同じように、ネックレスを、引っ張り出す。
おそろいの、ロザリオ。あなたが、つけてくれた。
私のお守り。

こらえきれずに涙を、流すと。
「泣かないで」
ユノさんの声は、少し、涙ぐんでいる。
「泣かれたら、どうしていいかわからない。
 帰せなく、なっちゃうよ。・・・いいの?」
ダメだと、わかっているのに。
どうしても涙が、止まらなくて。
「帰り、ます」
席を立って、急いでドアへ向かう。その大きな胸に、後ろから抱きすくめられて。
動けない。私を抱きしめる腕に、腕を重ねて。
指を、絡ませあう。泣き続ける私を、ゆっくりと振り向かせて。

額に、口付ける。その唇で、私の涙を受け止める。
私を見つめて、笑って。
「ダメだ、やっぱり。・・・帰せないよ」
触れるだけの、優しい口付けのあと。
少しこわばった顔を、して。

「帰さない」


posted by mizuki at 15:55| Comment(1) | Destiny | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。