【夢小説のため注意事項】 このサイトではTVXQ ユノ・チャンミンをイメージしたお話です。 もちろん全部妄想であり現実とは一切関係ございません。 ユノと恋に落ちつつチャンミンにも誘惑されるお話です。 最終的には夢じゃない方向へ行くかもしれないのですが ここで書く分には幸せな結末にできたらいいなと思います。 下記「名前入力部分」にお好きなお名前を入れて、読んでみてください! ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。

2014年12月11日

Destiny 313

感じなくても濡れるのは、体がその臓器が傷つかないように自己防衛として液体を漏らすからだという。お前の体がいくら濡れたところでそれが愛だと思えるほどガキじゃないつもりだ。
もしユノより一分でも一秒でも早く出会っていたら、お前は俺を好きになったのか。それとも、お前がユノの恋人じゃなかったとしたら、俺はお前を好きになっただろうか。
今更、そんなことどうでもいい。好きになってしまったら言い訳も何もできない。
無理やり抱くのは、好きじゃない。でも、そうでもしなければ、俺は。
お前を問い詰めてしまいそうだった。

いつまで猿芝居を続ける気だ? もう全部思い出してるんだろう? もうあいつに抱かれたんだろう?
俺とどっちが良かった、あいつだと言うなら、俺の方がいいと言うまで犯してやる。
そんな、ふうに。
最低な言葉で罵りそうだった。胸に吸い付きながら腰を動かす。

・・・ふと。
その白い肌の、胸元。目をこらして見なければ気付かないほど、うっすらと。
気のせいだといわれたらそれまでだ。この色は内出血がひいたあとの。
かすかな、黄色。

頭に血が昇った。声を押し殺す名前をじっと見つめる。
「・・・誰と寝た?」
「え?」
その痕を、指でなぞる。名前は表情を強張らせて。
「言えよ」
逆に硬く口を結ぶその姿を、見て。

また、腰を動かしながら。
その痕に吸い付く。
posted by mizuki at 23:29| Comment(1) | Destiny | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。