【夢小説のため注意事項】 このサイトではTVXQ ユノ・チャンミンをイメージしたお話です。 もちろん全部妄想であり現実とは一切関係ございません。 ユノと恋に落ちつつチャンミンにも誘惑されるお話です。 最終的には夢じゃない方向へ行くかもしれないのですが ここで書く分には幸せな結末にできたらいいなと思います。 下記「名前入力部分」にお好きなお名前を入れて、読んでみてください! ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。

2016年06月19日

Destiny 330

考えをまとめて、ユノの部屋へ、行く。
「なんだ」
名前の、ことだ。甲斐さんを含めて3人で会う機会を作ろう」
「何言ってんだ」
ユノはため息をつく。
「離れるように仕向けられて挙句の果てに・・・こんなことになったのにまだ名前を巻き込むつもりか?」
「どうにもなんないだろ? 今のままじゃ」
「・・・忘れればいい」
他人事みたいなユノの態度に、腹が立った。
「忘れられるのか? 忘れられるならなぜ会いに行ったんだよ?」
「会いたかったんだ」

俺の怒りを断ち切るように。
ユノがはっきりとそう言った。
「・・・会いたかったんだ。だから会いに行った。最後にもう一度、ちゃんと会って話したかった」
「区切りを、つけるためにか?」
わからない。ユノは静かにそう言った。本当に素直な人で。
会いたいから、会いに行ったんだろう。そう思った。その気持ちはまだ、名前にあるはず。

俺はそんな風に、名前を愛せない。
「・・・区切りなんか、つけられないだろ?」
ユノはうつむいたまま。

今度こそちゃんと、決着をつける。
名前がユノを選ぶことは、わかりきっていても。
二人の前でその言葉を聞かなければ、諦めがつかない。

今も、お前を。
抱きしめたいのに。

posted by mizuki at 21:26| Comment(1) | Destiny | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。