【夢小説のため注意事項】 このサイトではTVXQ ユノ・チャンミンをイメージしたお話です。 もちろん全部妄想であり現実とは一切関係ございません。 ユノと恋に落ちつつチャンミンにも誘惑されるお話です。 最終的には夢じゃない方向へ行くかもしれないのですが ここで書く分には幸せな結末にできたらいいなと思います。 下記「名前入力部分」にお好きなお名前を入れて、読んでみてください! ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。

2012年11月25日

Destiny 01

■Side-A: 名前

その日も、いつもどおりの日曜日。
友達と約束してたけど、急に仕事になったとかで、行けなくなって。
でも、せっかくだから出かけて、一人でぶらぶら歩いてたら。
声、かけられた。

いつもなら、なんとかかわして逃げるのに、今日はすごく、しつこくて。
「ちょっと付き合ってよ。メシおごるからさ」
「い、いいです!」
左腕を掴まれて、引っ張られる。
振り払おうとしても、振り払えない。時々、こういう目に遭う。
大体は、本気で嫌がったら手を離してくれるのに、この日は違った。
「ほら、行こーよ」
どーしよう、やだ!
引きずられるように引っ張られ、転びそうになった瞬間。

優しい腕に、ウエストから引き寄せられた。
そのまま、誰ともわからない人に、抱き寄せられて。
私をきつく掴んでいた腕を、その大きな手が引き剥がしてくれた。

何が起こったのかわからない顔をして、その人は、私を抱き寄せた人をにらみつける。
「なんだよ・・・てめえ」
私はもっと、この状態が読めなくて、混乱したまま、身を硬くしていた。
頭の上から、優しいトーンの声が降ってくる。
「この子、俺の彼女だから」

posted by mizuki at 09:58| Comment(0) | Destiny | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。