【夢小説のため注意事項】 このサイトではTVXQ ユノ・チャンミンをイメージしたお話です。 もちろん全部妄想であり現実とは一切関係ございません。 ユノと恋に落ちつつチャンミンにも誘惑されるお話です。 最終的には夢じゃない方向へ行くかもしれないのですが ここで書く分には幸せな結末にできたらいいなと思います。 下記「名前入力部分」にお好きなお名前を入れて、読んでみてください! ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。

2014年08月08日

Destiny 298

■Side-B:ユノ

いま、ごろ。名前はチャンミンに。
抱かれているの・・・だろう。
何度も抱いた体が、肌が、その温もりがよみがえる。もう二度と。
この手に抱くことはできないのか。

飲めもしない酒を、飲んで。
でも、仕事だけは放置できない。次の仕事の段取りを、覚えながら。
名前を呼んだ瞬間を、思い出していた。

あの、とき。昔に戻ったような気がした。
俺を好きだといった名前の、目を、記憶を見た気がした。
なかなか好きとは、言ってくれなかった。自分の気持ちが、分からないと。
記憶を失ってからのお前は、そんなに易々と誰かを、愛したのか。
そばにいるだけで、恋人だと認めるほど。

ああ・・・ダメだ。思い出せば思い出すほど。
恨みたく、なってしまう。その心変わりを。
・・・いや、最初から、名前の中に俺は、いなかった。いなかったのだから。
名前は、俺を裏切ってはいない。

俺が、もう一度。
名前に、恋をしてもらう必要が、ある。

たとえチャンミンを傷つけることに、なっても。
正々堂々と、名前に、向き合って。

・・・神様。俺の望みは。
罪深い望み・・・でしょうか。
posted by mizuki at 21:30| Comment(1) | Destiny | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ユノ、名前を取り戻して!
Posted by さくら at 2014年08月08日 23:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]