【夢小説のため注意事項】 このサイトではTVXQ ユノ・チャンミンをイメージしたお話です。 もちろん全部妄想であり現実とは一切関係ございません。 ユノと恋に落ちつつチャンミンにも誘惑されるお話です。 最終的には夢じゃない方向へ行くかもしれないのですが ここで書く分には幸せな結末にできたらいいなと思います。 下記「名前入力部分」にお好きなお名前を入れて、読んでみてください! ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。

2015年02月14日

Destiny 319

■Side-B:ユノ

「もう、会わないつもり?」
名前を、後ろから抱きしめて。
聞いた。夢が覚める、前。窓の外はうっすらと明るんできて。
名前はそっと涙を流す。
「できる、ことなら、ずっと一緒にいたい、です」
「俺からチャンミンに話す。それじゃ、ダメか?」
首を横に振る名前を、ただ抱きしめることしかできなかった。離れたくない。ずっと、そばにいたいだけなのに。

電話が鳴る。手を伸ばして、画面を見ると。
名前が凍りつく。
放置していたら、留守電に切り替わった。

「・・・名前、いるんだろ? 俺よりユノがいいのか。何で俺じゃダメなんだよ」
名前は明らかに怯えた目を、して。
「返してくれよ、ユノ。俺に名前を返して、くれ」
鼻を啜るような音がして、電話が切れた。
名前は大きくため息をつく。

俺の手に手を重ねて。
ありがとうと、つぶやいた。

posted by mizuki at 22:10| Comment(1) | Destiny | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういう場合って、どういう選択をするのが1番良いのだろうか・・・。
3人の気持ちを考えると、せつないですね。(泣)

自分なら、名前と同じように2人の前から姿を消すかな。
う〜ん。
難しい問題ですね。
読者の皆さんは、どういう選択をするのかな?
Posted by さくら at 2015年02月15日 11:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]