【夢小説のため注意事項】 このサイトではTVXQ ユノ・チャンミンをイメージしたお話です。 もちろん全部妄想であり現実とは一切関係ございません。 ユノと恋に落ちつつチャンミンにも誘惑されるお話です。 最終的には夢じゃない方向へ行くかもしれないのですが ここで書く分には幸せな結末にできたらいいなと思います。 下記「名前入力部分」にお好きなお名前を入れて、読んでみてください! ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。

2015年04月20日

Destiny 322

■Side-A:名前

お兄ちゃんに頼んで、会社と解約し、二人とも一切かかわらないと念書を書いた。
その最後が、今日だったから。

最後に会えてよかった。せめてあなたの記憶を、心に、体に抱きしめて。
これから、頑張っていける。いつか、あなたが知ってくれたらいい。
私が最後に選んだのは、あなただと。

忙しい人たちだから、会社の協力なしに動けないことはわかっている。
深追いされることはないと思った。
私の帰る場所はもう、あの家じゃない。

きっと、もう会うこともないけれど。
二人の活躍はテレビで見ることもあると思う。
ずっとあなただけを見てる。あなただけを応援していく。
出会えたことは、後悔してない。

あのまま、当たり前みたいにあなたと付き合えていたら、あなたの大切さに気付けなかったかもしれない。
いろんなことがあって。
あなたをまた好きに、なったから。

これからも変わらない。二度と会えなくても。
ずっと、愛してる。

posted by mizuki at 08:14| Comment(0) | Destiny | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]