【夢小説のため注意事項】 このサイトではTVXQ ユノ・チャンミンをイメージしたお話です。 もちろん全部妄想であり現実とは一切関係ございません。 ユノと恋に落ちつつチャンミンにも誘惑されるお話です。 最終的には夢じゃない方向へ行くかもしれないのですが ここで書く分には幸せな結末にできたらいいなと思います。 下記「名前入力部分」にお好きなお名前を入れて、読んでみてください! ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。

2015年11月25日

Destiny 326

今日は帰りが遅い日らしい。チャンミンの言葉を真に受けて。
せめて、一目でいい。たった1か月程度の別れなど、今までだってあった。・・・だけど。

名前、お前が今、誰のものでもないなら。
もう一度恋をすることも可能だろう?
その恋が実っても実らなくてもいいんだ。運命は決まっているんだから。
ただ、会いたい。日本にいられる間、その気持ちに正直に生きたいんだ。

チャンミンに教えられた場所。こんな、近くに。
会おうと思えば、すぐにでも会える場所。
車を止めて、様子を見ていると。
本当に、名前が姿を現した。
友達らしき女の子と、新しい彼なのか、男がひとり。確か前にも。
仲のいい子が、いたはずだ。

ただ幸せならいいと思っていたはずなのに。
姿を見てしまうと、抑えられなかった。咄嗟に車から降りて。
ドアを開けたまま、立ち尽くす。見つめる俺に、そばにいた女の子が気づいて。
俺を見る。目が、合った。・・・はず、なのに。
名前は目をそらした。そのまま家に入っていった。
見えていたのは俺だけで、向こうからはよく見えなかったのかもしれない。
俺と気づいて、これ以上関わり合いになりたくないと思ったのかも、しれない。いずれにしろ。

名前にとってもう俺は、過去の人間で。
期待してたのは俺だけなんだな。・・・会いたくて。
ここまできた浅墓さを、後悔した。
あのまま思い出にできたら、楽だっただろうに。


posted by mizuki at 20:02| Comment(0) | Destiny | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]