【夢小説のため注意事項】 このサイトではTVXQ ユノ・チャンミンをイメージしたお話です。 もちろん全部妄想であり現実とは一切関係ございません。 ユノと恋に落ちつつチャンミンにも誘惑されるお話です。 最終的には夢じゃない方向へ行くかもしれないのですが ここで書く分には幸せな結末にできたらいいなと思います。 下記「名前入力部分」にお好きなお名前を入れて、読んでみてください! ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。

2016年02月07日

Destiny 327

■Side-A:名前

もう、二度と。会うことなどないと思ってた。
もし、会えたら。そう思うことも許されない関係。
あの日決められた約束を破ったら、莫大な違約金を支払わなければならない。

車を降りて、私を。
遠くから見つめるあなたを見て。
やっぱりあなたが好きだと、思った。きっと何度でも思うのだろう。
許されない恋なら、もう二度と会えない場所へ逃げてしまいたい。
あなたの姿を見ることがないなら、忘れていくしかないのだから。

お兄ちゃんと一緒に、アメリカに渡ったけれど。
体調を崩し、寝てばかりの日々が続いて。
お兄ちゃんの家族に迷惑をかけるのが申し訳なく、ちょうどその頃、千早から連絡が来て。
もう他人に戻ったのだから、見なければいいのだから。そう自分に言い聞かせて、帰国した。
・・・それなのに。

お風呂を出て、髪を乾かしながら。
もう今は何一つあなたとのつながりはない。ため息をつく。
ただ思うだけなら自由。ファンとしてあなたを見つめるだけなら。
あの日々は、奇跡だった。奇跡は、二度と起こらない。


posted by mizuki at 14:56| Comment(1) | Destiny | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
UP嬉しいです、待ってました!
切ないですね・・続きを見守っていきます
もっともっとたくさん読みたいなぁ! なんて、無理を言ってはダメですよね(^-^;
Posted by りん at 2016年02月12日 00:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]