【夢小説のため注意事項】 このサイトではTVXQ ユノ・チャンミンをイメージしたお話です。 もちろん全部妄想であり現実とは一切関係ございません。 ユノと恋に落ちつつチャンミンにも誘惑されるお話です。 最終的には夢じゃない方向へ行くかもしれないのですが ここで書く分には幸せな結末にできたらいいなと思います。 下記「名前入力部分」にお好きなお名前を入れて、読んでみてください! ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。

2016年10月16日

Destiny 332

■Side-C:チャンミン

「バカなことを。あなた何を言ってるかわかってるの?」
「わかってます。・・・でもこのままじゃ、俺たち」
甲斐さんは深くため息をついた。名前を交えて話をするなんて。
どう考えたってバカげてる。・・・だけど。

俺に、名前を会わせたのは。
甲斐さん、あなただ。俺の言葉に。
甲斐さんは天を仰ぐ。あなたまであんな子供に取り込まれるとはね、と。
「俺か、ユノか、どちらかを選ばせて欲しいんです」
「選ばせてどうするの。認めないわよ」
当たり前だ。それも、わかってる。
・・・わかっていても。
「認められなくても、構わない。・・・選ばれた男が、彼女を守るまでです」
「チャンミン、あなた」
「表沙汰にならなきゃいいんでしょう? 今までだって」
「大事な時期よ。・・・いい加減にして頂戴」
席を立とうとする甲斐さんの前に、立ちふさがる。
甲斐さんは俺の剣幕に気圧されてる。

「お役に立てずご迷惑をおかけしたことは謝ります。でも気持ちは、止められません」
首を横に振りながら、俺を見上げ。
・・・わかったわ。形のいい唇が、醜く歪んだ。

posted by mizuki at 21:41| Comment(0) | Destiny | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]